インテリアにおすすめのイサム・ノグチの他社製品との違い

イサム・ノグチは日系アメリカ人の芸術家で彫刻や絵画、インテリアデザイナ―、作庭家、造園家、舞台芸術家として活躍しました。イサム・ノグチは世界的に有名な芸術家であり、数々の庭園やオブジェ、彫刻で知られています。1951年広島の平和公園に橋を二つ設計している時、鵜飼の見学に訪れた岐阜県長良川の提灯に魅了され、そのころから「AKARI」のデザインを始めたそうです。彼は35年かけて、200種類以上の様々な大きさや形のAKARIを生み出しました。1950年代初めのころは、提灯の竹ひごの間隔が均一で目が細かいデザインでしたが、1963年頃には竹ひごが不規則にまかれたデザインを作り出しました。吊り下げ式のAKARIは天井から吊り下げて使用するもので、和の空間以外にも馴染むので、海外での人気が大変高いです。

自然光に近い照明を目指してデザインされた光の彫刻

自分の作品にAKARIと名付けたイサム・ノグチは、近代化した生活の中で、自然光に近い照明に憧れ、和紙を透かしてくる明かりのほどよく分散される光を「光の彫刻」とし、陰のない彫刻作品をデザインし続けました。彼が生み出したAKARIは60年たった現在に至ってもなお、沢山の人々の生活を明るく照らしているのです。AKARIは伝統工芸である岐阜提灯の技術で作られています。イサム・ノグチの想いのこもったデザイン当時の型を、いまもなお大切に使って作られています。職人が丁寧に手作りしており、一つ一つの商品が高品質です。和紙からこぼれ出る暖かい光とスタイリッシュなデザインの融合はひと味違う空間を生み出します。丁寧に作られている作品に明かりが灯ることで、空間全体をあたたかな光で包み込み、見るものを魅了し続けるのです。

世界各国で展示会が開催されるAKARI

AKARIは類のない照明器具として、世界中に広がっていきました。世界各国でイサム・ノグチのAKARIは展示会が開催され、多くの賞賛を得ています。和紙で作られた提灯の暖かい明かりで暮らしに質を与え、いかなる世界をも光で満たす素晴らしい商品です。他の照明器具とは比べ物にならない、暖かさとオシャレな空間を作り出してくれるインテリアであり、憧れのAKARIです。提灯としては高価な品物ですが、おしゃれなデザイン性の高い照明器具としてはかなりコストパフォーマンスに優れた逸品です。色々なデザインがあり、スタンドや天井から吊って使用するペンダントなど、200種類以上のデザインが存在しますが、その中でもシンプルかつ温かみのある吊り下げ式のタイプのAKARIでワンランク上の空間を作ってみてはいかがでしょうか。