天井に吊るすイサム・ノグチのAKARIシリーズ

20世紀のもっとも偉大な彫刻家として知られるイサム・ノグチは、大胆でモダンな雰囲気を持ちながらも伝統を踏まえた表現方法の作品で知られています。和紙の性質と竹ひごによる骨組みが独特の雰囲気を生み出しているAKARIシリーズはイサム・ノグチの代表的なデザインであり、日本の伝統工芸品として手作りされている証明器具です。イサム・ノグチがこの世を去った今でもそのモダンな雰囲気が人気で、天井から吊り下げるペンダントタイプは取り扱いもしやすくどんな雰囲気にもマッチするデザインですので、生活の中にも溶け込みやすいです。傘型や球状、円柱などさまざまな形があり、シーリングライトでは実現できない複雑なデザインも映えます。シンプルでありながらも考えられたデザインで、どんな雰囲気ともマッチするのがシリーズのすごいところです。

計算されつくされたイサム・ノグチのデザイン

イサム・ノグチのデザイン、AKARIシリーズは35年かけて200種類ものデザインが生み出されたシリーズで、太陽や月のような明かりを部屋の中に取り込むイメージでつくられました。中でも人気のペンダントライトは、シンプルで無造作な形でありながら計算されつくされていて、和モダンの雰囲気にぴったりです。まさに光のオブジェであり、影のない彫刻とも呼ばれています。和紙から透けるやわらかな明かり、手作り感がある無造作な竹ひごのラインはまさに日本の伝統工芸としてぴったりです。似たようなデザインのペンダントライトがあったとしても、イサム・ノグチはインテリア関係者からも一目置かれており、断然AKARIシリーズをおすすめします。贈り物として、引き出物として、海外の方へのお土産としても大変おすすめです。

イサム・ノグチのAKARIシリーズ、ほかとの違い

おしゃれな照明をお探しならイサム・ノグチは外せません。50年以上も前から世界で愛され、さまざまな場所を照らしているシリーズです。ほかの照明器具とは違い、照明としてよりも作品として使いたい気持ちにさせられる、そんなデザインです。ひとつひとつが手作り、ガラスやプラスチックなどを一切使わず、和紙と竹と木のみ。特有のしわを持つ和紙からこぼれる光は自然の光を再現するかのようなあたたかな光で、どんな空間にも馴染むのがすごいところです。ペンダントライトも素敵ですが、スタンドライトも多くの種類があり素敵です。AKARIシリーズは軽くてコンパクトにたためるのも特徴です。電球や灯具と別で、シェードのみ交換することも可能です。もしも経年変化で汚れや破れがあっても安心して取替ができるので、長くお部屋のアクセントとして使用できるのもうれしいです。