オリジナルキャップを作るメリット
2017.03.10

黄色いキャップオリジナルキャップを皆様は知っていますでしょうか。オリジナルシャツやタオルは聞いたことがある人も多いかと思います。文化祭などで揃えた経験がある人もいるでしょう。オリジナルキャップとは名前のまま、オーダーメイドでキャップを作ることを指しますが、敢えてオリジナルキャップを作成するメリットはあるのでしょうか。今回は、そのメリットをご紹介したいと思います。

まずは、その希少性です。後述していますがオリジナルキャップを作成するお店が増えてきていると言ってもオリジナルシャツに比べるとまだまだ少ないのが現状です。職場などのイベント時に揃えた場合、他の企業とかぶる可能性が低いため、会場中で一番目立たせることが出来ます。キャップにロゴや会社名を目立つように入れて作成すると、より一層いろんな方の目に入るため広告代わりにもなるかもしれません。

オリジナルキャップを揃えて被る場合は、何かしらのイベント時がほとんどです。特に真夏の屋外でのイベントであれば、熱中症対策にもなります。反対に冬場であれば、キャップを寒さに強い物にしてもらうと寒冷対策にもなります。スタッフ全員で士気を上げる為に着用することが多いオリジナルキャップですが、少しの工夫で不調の予防にも出来る最高のキャップになるでしょう。

また、人混みでも見分けがつきやすいのもオリジナルキャップならではのメリットです。実際にイベント時には混雑しているケースが多く、例えばシャツで揃えていたとしたら、人混みで見えなくなってしまいます。その点、オリジナルキャップであれば、当たり前ですが頭にかぶっていますので少し遠目でも見分けがつきやすいでしょう。

如何でしたでしょうか。オリジナルキャップに興味がなかった方に少しでも興味を抱いていただけたなら幸いです。少し前までは、オリジナルキャップを制作しているお店はあまりありませんでした。ですが、最近ではインターネットの普及と共に、キャップを通販しているお店が増えてきています。

お店側の技術力も年々進化していますので、無茶苦茶でもない限り自分が思っているキャップ通りに作成してもらえることでしょう。デザインも色合いや使用するシチュエーションなど、ある程度要望を伝えるだけで、デザインしてくれるお店もありますのでそこまで明確にキャップのデザインが固まっていない場合でも安心です。

チームや職場で、一体感を求められている方は一度、オリジナルキャップを使用してみるのもいいのではないでしょうか。きっと、今まで以上にチームとしての絆が深くなるはずです。

▲ ページトップへ