どんなデザインを意識するべきか
2017.03.10

緑のキャップオリジナルキャップは自分が思ったまま作成できるのが最大の魅力ですが、一からデザインを決めていくとなると、結構難しいものです。それでは、どんなデザインを意識していくべきかをお伝えします。

まずは、何を目的にオリジナルキャップを作成するかを明確にしましょう。ひとえにオーダーメイドのキャップを作ると言っても、使用する目的は人それぞれ違います。例えば、文化祭のイベントでクラス全員共通するアイテムが欲しいと思ってる人、個人的に着用したいなどあると思います。それを明確にすることによってどんなデザインにしていくかを決めていきます。

チームや職場で共通したキャップを被るのであれば、ロゴや社名を大きく入れるデザインが好ましいです。イメージカラーがあるのであれば、それも併せて一体感を出すようにオリジナルキャップのデザインを意識していきましょう。また、リーダーや役割によってデザインは同じまま色だけ変えることも出来ます。そうすることによって見た目だけで判断が出来る様にするのも意外に便利ですので覚えておきましょう。

個人であれば、まずは好きなデザインのキャップを探すことから始めましょう。好きなキャップが見つかれば、そこから変える箇所を決めていきます。既に自分の中でイメージがある方は問題ありませんが、ない方は、この手順によって出来上がった後に落胆する可能性を下げることが出来ます。

また、最近ではキャップと通販しているお店のスタッフさんにデザインを出してもらうサービスをしているところもありますので、実際にプロに任せてしまうのもいいかも知れません。別途費用がかかってしまうかも知れませんが、それだけの価値はあります。

最後に、知っておいてほしいことがあります。オリジナルキャップは、スポーツキャップをイメージされている方が多いと思います。実際に、そのスポーツタイプが多いのですが、他にもワークキャップやサンバイザーなども取り扱っているお店が少なくありません。

このことも意識してオリジナルキャップのデザインについて考えてみてください。自分で1から100まで考えるのは何度も経験している方ぐらいです。大まかな部分だけ考えて残りは相談して決めるのが納得のいくオリジナルキャップのデザインのポイントです。

サイトの探し方はキャップの通販や、オリジナルキャップなどで検索を行えば、沢山のサイトが出てきますので自分で実際のサイトを見て決めて下さい。お店によって料金も素材も対応部分も違いますので自分に合ったお店を選んで下さい。

▲ ページトップへ