世界で一つだけのキャップをつくる
2017.03.10

ピングとグレーのキャップここまで、オリジナルキャップ作りのメリットや使用用途について紹介してきた当コラムも、いよいよ終盤となってきました。最後は、オリジナルキャップ作りの魅力について、ご紹介しようと思います。

ここまでのコラムでも何度か触れてきましたが、やはりオリジナルキャップの良さは、「チームの一体感・団結力アップに繋がる」、「モチベーションアップ」、「目印になる」、「思い出に残る」、「個性が出せる」、の5つが大きな良さでしょう。次からは、この5つの観点に沿って紹介していきます。

まず、1つ目は「チームの一体感・団結力アップに繋がる」です。これはなにもオリジナルキャップに限ったことではなく、昨今の“双子コーデ”などのお揃い人気に見られるものと同じで、心理学的にも証明されています。みんなでお揃いのものを身につけることは、一体感や団結感のサインでもあると同時に、一体感や団結感の確認でもあるのです。自覚ありきで周りにアピールすることによって、自分でも、そのチームでの一体感や団結力が植え付けられます。これが、次の「モチベーションアップ」に繋がるのです。

「モチベーションアップ」とは、ようは「やる気アップ」ということですが、なぜ、お揃いにするとやる気アップに繋がるのでしょうか?それは、目標が設定しやすくなるからです。やる気や目標を、“オリジナルキャップ”と結び付け、目に見える形に具現化することによって、目標をぼんやりとしたものでなく、より具体的にする効果があります。

こうして作ったオリジナルキャップは、その後「目印」になったり、「思い出」に残ります。まず、「目印」ですが、「目印」とは、漢字の通り、“目”の“印”、目につきやすくするためのものです。宣伝や広告、また所属を表すのにはうってつけですね。また、「思い出」については、キャップというモノだけが残るのではなく、作ったときのやる気や目標、気持ちなどの過程が、オリジナルキャップにまつわる思い出として残ります。

そして最後に「個性が出せる」です。“オリジナルキャップ”という名前からも分かるように、オリジナルキャップ最大の魅力は、素材からデザインまで全てがオーダーメイドで作れるということです。お気に入りのデザイン、お気に入りの素材、使い勝手のよさなど、みなさんの要望に沿ってキャップが作れます。他人と被ることもないので、オリジナリティも出せます。みなさんも世界で一つだけの、こだわりのオリジナルキャップを作ってみませんか。

▲ ページトップへ